次世代を担う子どもたちの健やかな成長を願って…

中永征太郎賞の受賞歴

『日本幼少児健康教育学会誌』に掲載された論文の中、最も優れた論文発表を行った会員に授与

年 度 名 前 論 文 課 目
平成20年度 前橋 明 岐阜県における幼児の生活実態と課題
大阪市における幼児の生活実態と課題
平成21年度 浅川 和美 児童の朝の疲労症状と生活との関連
平成22年度 松尾 瑞穂 石川県における幼児の健康福祉に関する研究
平成23年度 佐野 裕子 千葉県における保育園児の健康福祉に関する研究(Ⅰ)-野田市の子どもの健康生活課題の分析-
平成24年度 廣 陽子 幼児が正しい箸の使い方を習得することをねらいとした食育実践に関する研究-家庭での保護者の教授を促す実践の開発と効果の検討-
平成25年度 新山 順子 保育を学ぶ学生と障害児を交流する身体表現の実践とその教育的価値
平成25年度 大和 晴行 活動的な遊びにおける親の遊びの態度と子どもの遊び状況との関連性
平成26年度 鹿野 晶子 小学校における朝の身体活動が子どもの高次神経活動に及ぼす影響:go/no-go課題における誤反応数と型判定の結果を基に
平成28年度 塙 佐敏 小学校高学年児童の休日における身体活動量
平成29年度 二重 佐知子 発達障害もしくは発達につまずきのある児とその祖父母との日常的交流についてー保育士のインタビュー調査よりー
平成30年度 高橋 多美子 幼児期における台風防災教育の実践モデル
令和元年度 野田 耕 小学校の休み時間における主体的身体活動を生起する生活要因―小学3~6年生の場合―
令和2年度 澤 聡美 「幼稚園教育要領」,「保育所保育指針」,「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」健康領域に関する幼児の健康生活調査尺度の作成
PAGETOP
Copyright © 日本幼少児健康教育学会 All Rights Reserved.